為せば成る

携帯電話

Posted at 08/08/10 Comment(0)» Trackback(0)»

8日は新規事業の打ち合わせで上京し、
滞在8時間中6時間、しっかりとミーティングしてきた。

新幹線が新潟駅に到着し、在来線のホームへ移動。
特急が発車して携帯電話が無いことに気づく。

このご時世、携帯電話がないと何もできない。
(これが当たり前になるのが不安でもあるが・・)

・電話
・メール
・インターネット
・カメラ
・時計
・アドレス帳
・スケジュール
・メモ帳
・電卓
・音楽
などなど、お財布代わりにもなっている。

携帯電話の所持管理の甘さに十分な反省はした。

村上駅に到着し、駅員さんへ相談。
新潟駅の遺失物センターにはまだ届いていないようだ。

今、思うと有効にGPS機能を使う方法もあったな・・と。

前述のように機能満載の携帯談話だが
とりあえず電話とメールが使えないと仕事にも支障があるので
新しいFOMAカードを発行し、前に使用していた携帯を復活させた。

昨日まで遺失物センターから連絡がなく、
諦めかけていたところに一本の電話が入った。

「ありました。」


届けていただいた方、駅の職員の皆さん。
そして、一緒になって探したり、心配していただいた皆さん。

心より感謝申し上げます。


改めて携帯電話に依存している現代社会を感じた。
また、時代が変わろうとも揺るがない「人の心」の温かさ・・。

深く反省しながらも変えていく事と変えちゃいけない事を強く感じた。

"携帯電話"へのトラックバック

トラックバック先URL

"携帯電話"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック