moca DIARY

粟島探検記・番外編②

Posted at 11/08/19 Comment(0)» Trackback(0)»

 

おおっと、 番外編②をアップしないままもう moca vol.28 が出来てしまった!

では遅ればせながら続きを…

さて、1日目の取材終わり、疲れた体を癒そうと「おと姫の湯」へ。港から近くお風呂からは海が

見える温泉は運よく貸切状態でオンナ3人いい湯を満喫♪ お湯は塩分が濃いみたいです。

 20110602_118_

20110602_128_ 「あ~、良い湯だったね!…ん!?」

お風呂を出ると、休憩部屋で横井と村田氏がビール片手に寛いでるではないか!

夕食のビールを楽しみにしていた私は 「横井!フライングすんなよっ!」

と、マジギレしてしまいました(笑) だって、飲みたいの我慢してたんだもん…

宿への帰り道、雨も降り雲が晴れず、夕日は見れないね~、と諦めていた一行。

でも申し訳程度な感じに太陽が顔をだしてくれた。

20110602_657_DSC_0001

みんなしばらく「もっと雲はけて~」と念じていましたが… このまま沈んでしまいました。

夜、 民宿 後藤さんで期待通り魚介満載の夕食(誌面参照)と、お待ちかねの冷たい

ビールで乾杯!ほんとに食べきれないほどのボリュームでした!

部屋に戻り、島唯一の酒屋さんで買ったビールに、各自持参品を並べ酒盛り開始!

私は”いいちこ”、営業横井はデカペットボトル入赤ワイン、制作Yはお菓子いっぱい…

みんなほろ酔い、おしゃべりに花が咲き…

注: 仮谷さんはじめドすっぴんの私たち、さすがにその模様は撮影NGってことで。

そして二日酔いもせずスッキリ目覚めた2日目の朝。なんとか天気が回復!

    20110603_687_DSC_0036 朝ご飯。タコ刺しにハート型目玉焼き❤

さあ、今日は観光船シーバードで島を一周、そしてお昼はわっぱ煮だ!

船乗り場に着くと粟島浦役場の広報マン、たいすけさんに遭遇。

20110603_703_DSC_0053

笑顔がチャーミングなたいすけさん、取材協力ありがとうございました!

さあ、出港!

20110603_708_DSC_0058

 20110603_726_DSC_0076 「わあ~!風が気持ちいいね~!!」

20110603_68_DSC_0069 揺れるので大股広げての撮影です

20110603_792_DSC_0143 海岸あった大きな丸い物体…

まさか!ガンツ玉!? …いや、おそらく、何かの部品が流れ着いたのでしょうが、

海岸は目立つゴミも多数。夏休み前恒例の海岸清掃にはウチの社長も参加しました。

釜谷港に着くとたくさんの釣り師が船をチャーターし出港するところ。

みんないいポイントを取るためか急いでいるようす。

20110603_70_DSC_0071

釜谷から内浦までは奇岩のパノラマのオンパレード!ん、あんなところに釣り人が

20110603_800_DSC_0151 

岩場に陣取る釣り人に「がんばって~」と手を振りまくりの仮谷さん(笑)

聞けば一畳ほどの岩場で一晩中釣る人も多いんだとか!そりゃ、あんな大鯛つりたいもんね…

(誌面参照) 今年は特によく釣れているらしいですよ。

20110603_762_DSC_0113  

そしてこの海の色!場所によって変化する海と岩にくぎづけの一同なのでした。

20110603_766_DSC_011720110603_812_DSC_0163 

内浦港着。この時はもう快晴で、エメラルドの海面に逆さ富士ならぬ「逆さきらら」状態。

さ、民宿 後藤に戻ってお昼だ!

20110603_817_DSC_0169 釜谷港脇がわっぱ煮を食べる広場になってい

て、ブルーシート屋根がかかり民宿それぞれの場所が決まっているのです。後藤のタマばあちゃ

んが魚を焼いて準備してくれていました。ヨリさんは手作りの弁当を持ってきてくれました。

20110603_152_DSC_0153

じゃあ~ん、初体験のわっぱ煮!20110603_834_DSC_0186 20110603_163_DSC_0164みんなで美味しくいただきました★

食後、わっぱ煮広場近くのベンチで休憩していると、島に来て初めての赤ちゃんに

出会いました。お話すると、なんとガイドの松浦さんの奥様とお子様ではないか!

20110603_172_DSC_0173 20110603_170_DSC_0171

近所のおじさんもとても可愛がっているみたい。粟島も多分にもれず高齢化がすすんでおり、

やはり子供は宝なのでしょう。若い夫婦よ、粟島の自然の中で子育てしてみませんか!?

 

帰りの時間も近くなり、内浦に戻って海水浴場へ移動。

シーズンは浜茶屋も出る夏の粟島のメインスポットです。まあ~、水のキレイなこと!

20110603_860_DSC_0212   20110603_186_DSC_0187 

色はクリアというか、あきらかに透明度が本土とは違います。潜ったら楽しいだろうな~!

 

そして、名残惜しさと疲れを感じながらの帰りの船上。

20110603_882_DSC_0235

ハードだった今回の旅。でも 「海の上に浮かぶ島に居るんだ」と思うと陸続きの気分とは

別物になり、船で1時間程の距離でもなんだか遠くに来たな、と感じます。

自然と探険心がわき、テンションが上がるような…

子供の頃に来たことがある人でも、イメージと全く違う風景を見られると思いますよ!

海水浴は終わりだけど今はタコ獲りのシーズン!ぜひ、島をまったり・のんびりと味わいに行って

みて下さいね~!

"粟島探検記・番外編②"へのトラックバック

トラックバック先URL

"粟島探検記・番外編②"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門